ハピタスでマイルを貯める方法【ANAマイル・JALマイルを制覇!】

くま
くま
ハピタスはお得にマイルが貯まるって知ってるかな?

マイルを貯めてタダで旅行に行くことも可能だよ。

ハピタスポイントをお得にマイルに交換したい!

こういった人のためにハピタスで得たポイントをANAマイル・JALマイルに交換する方法を紹介して行きます。

ハピタスはポイントサイトの中でもマイル交換効率が非常に良いです。

お得にマイルを貯めたい人は、ぜひハピタスでポイントを貯めてマイルに交換しましょう。

ハピタスの登録はコチラ

 

ポイントをマイルに代える陸マイラー

国内旅行・海外旅行にお金をかけずにマイルで行きたい!

という陸マイラーと呼ばれる人たちが、今、人気を集めています。

マイルの価値は使い方次第で変わりますが、一般的には1マイル = 3~5円ほどになります。

※海外のビジネスクラスの特典航空券の場合

安い航空券を買えば1マイルの価値は低くなりますし、高い航空券を買えば1マイルの価値は高くなります。

国内で格安航空券だと1マイル = 1円以下の価値となることもあります。

陸マイラーはマイルをビジネスクラスの海外旅行券に交換することが多いです。

 

ハピタスでは毎月18,000マイルが貯まるので、18,000マイルだと毎月沖縄に行くことが出来ます

40,000マイルでハワイのエコノミー、65,000マイルでハワイのビジネスで行くことが出来ます。

ハピタスでは毎月18,000マイル貯めることが可能なので、1年で216,000マイル貯まるので、1年に3回ハワイに行くことも可能です。

(毎月30,000円貯めるのが条件ですが)

このようにマイルは非常に効率が良いので、ぜひハピタスでマイルを貯めてみましょう。

※ANAマイル・JALマイル共に有効期限は3年間です

 

マイルの貯め方

  • フライトマイル(飛行機に搭乗して貯める)
  • クレジットカード決済でマイルが貯まるカードを利用する
  • クレジットカードの新規入会キャンペーンで大量マイルを獲得する
  • ポイントサイトの活用(一番貯まる)

仕事などで頻繁に飛行機に乗る人は良いですが、通常はなかなかマイルが貯まりません。

そこで多くの陸マイラーが行なうのがポイントサイトの利用です。

特にハピタスはマイルの交換率が高いので、おすすめです。

貯めたポイントを現金では無くマイルに交換すると、これだけの価値になります。

ANAマイル(交換率80%の場合)
1ポイント = 1円 → 0.8マイル = 2.4円~4.0円分(1マイル3円~5円の場合)

JALマイル(交換率52%の場合)

1ポイント = 1円 → 0.52マイル = 1.56円~2.6円分(1マイル3円~5円の場合)

どうでしょう?

普通に現金に交換するよりもマイルに交換した方がお得なのです。

ポイントサイトをやっている人はマイルを貯めている人も多く、ぜひマイルをハピタスで貯めてみませんか?

ハピタスはANAマイルの交換率が業界No.1なので、非常におすすめです。

 

ANAマイルの最適交換ルート

まずはANAマイルの最適な交換ルートを紹介します。

以前はソラチカルートで90%の交換率でマイルが手に入りましたが、ソラチカルートは終了してしまいました。

ここでは次に最適なLINEルートを紹介して行きます。

 

LINEルート(75%~81%)

LINEルート(75%~81%)

ハピタス → PeX → ワールドプレゼント → G-Point → LINEポイント → メトロポイント → ANAマイル

ANAマイルへの最適な交換ルートは、現状、LINEポイントを使ったルートが最適で、75%~81%でマイルに交換することが出来ます。

※ポイントの交換単位の関係で、75%~81%で変動します

交換率は非常に高いですが、ルートが長いのが弱点です。

 

LINEルートの交換率

  • 1回目:75.9%
  • 2回目:80.0%
  • 3回目:82.2%

LINEルートが毎回交換率が変わってしまうのは、こういったものが理由です。

  • ワールドプレゼントに40ポイント(200円分)が残っている
  • Gポイントに85ポイント(85円分)が残っている
  • Gポイントで5%の手数料1,115円分発生している
  • メトロポイントに70ポイント(70円相当)が残っている

G-Pointの手数料5%は、手数料還元対象サービスを利用することで戻ってきますが、交換する時点では5%が必要になります

このLINEルートの弱点は、ルートが長いのと、ハピタスポイントからANAマイルになるまでの期間が3ヶ月半かかることです。

LINEルートでかかる日程サンプル

  • 1月25日までにハピタス → PeX(2~3日)
  • 1月末までにPeX → ワールドプレゼント(月末締め翌月25日)
  • (2月25日頃にワールドプレゼントへの交換完了)

  • 3月10日までにワールドプレゼント → G-Point(即時)
  • 3月10日までにG-PointをLINEポイントに交換(2~3日)
  • 3月15日までにLINEポイント → メトロポイント(15日締翌月10日)
  • (4月10日頃にメトロポイントへの交換完了)

  • 4月15日までにメトロポイント → ANAマイル(15日締翌月10日)
  • 5月5日頃にANAマイル獲得

このように、1月にハピタスで貯まったポイントもANAマイルになる時には5月になっています。

「期間や手間は大丈夫だから、とにかく交換率が大事!」

という人は良いですが、毎月、このスケジュールで交換を続けるのもかなり難しいと思います。

次は、交換率は悪いですが、ルートが簡単なものを紹介します。

 

nimocaルート(70%)

次に有望なルートはnimocaポイントを使ったルートです。

nimocaルート(70%)

ハピタス → PeX → nimocaポイント → ANAマイル

nimocaルートは簡単に交換できますが、nimocaルートには厳しい条件があり

九州(福岡・大分・熊本・宮崎)・北海道(函館)に設置されたポイント交換機でしか交換ができない(Web上で交換ができない)

こういった条件があるのです。

このnimocaルートの弱点は、この交換機でしか交換出来ないことですが、期間が1ヶ月半で済むことはメリットです。

nimocaルートでかかる日程サンプル

  • 1月25日までにハピタス → PeX(2~3日)
  • 1月末までにPeX → nimocaポイント(月末締め翌月10日)
  • (2月10日頃にnimocaポイントへの交換完了)

  • 2月10日にnimocaポイント → ANAマイル(1週間ほど)
  • 2月17日頃にANAマイル獲得

LINEルートと比べると2ヶ月も早く交換が出来ます。

九州・北海道地区の人や、交換率が少し下がっても良い人はnimocaルートを選んでも良いでしょう。

 

三井住友ルート(60%)

最後に紹介するのが三井住友カードを使ったルートです。

三井住友ルート(60%)

ハピタス → PeX → ワールドプレゼント → ANAマイル

三井住友ルートは簡単に交換できますが、交換率が60%と一番良くないのがデメリットです。

このルートはLINEマイルと途中まで同じなので、LINEルートが面倒であれば途中から切り替えることも可能です。

 

JALマイルの最適交換ルート

ANAマイルが長くなってしまいましたが、次はJALマイルについて紹介して行きます。

JALマイルは交換率がANAマイルと比べて良くは無いですが、非常にシンプルです。

黄金ルート(52%)

ハピタス → ドットマネー → JALマイル

JALルートはシンプルですが、交換率が52%とANAマイルと比べてかなり悪いのがわかります。

現金に交換するよりはJALマイルに交換した方が効率が良いですが、ANAマイルの方がよりお得です。

 

ハピタスはANAマイルがおすすめ

もしどちらでも良いのであればANAマイルを貯めて行くのがおすすめです。

毎月30,000円貯めることができれば1年に3回ハワイに行くことも可能です。

JALマイルだと少し効率も悪くなり、ANAマイルのnimocaルート・三井住友ルートも少し効率は悪くなりますが、それでも全然マイルが貯まります。

ぜひマイルを貯めて、国内旅行・海外旅行に行ってみましょう。

ハピタスの登録はコチラ

コメント